脱毛コラム

ムダ毛処理の基本は清潔、消毒、保湿

ほとんどの人が脱毛をおふろで行っていますが、浴室は菌とカビの宝庫です。
使用後のカミソリを浴室に置きっぱなしにすれば、肌のたんぱく質が付着した刃には、あっという間に雑菌が繁殖します。

ベストは、おふろ上がりの清潔な状態で、脱毛器具もアルコールか熱湯で消毒します。
深ぞりにならないよう毛をそり、肌を保湿します。
使用後の脱毛器具は消毒し、よく乾燥させるか、カミソリなどは使い捨てにしてもよいでしょう。

ニキビ肌の人は化膿しやすいので、特に注意が必要です。

生理前は、皮膚が過敏になっているので、この時期の脱毛は避けてください。

なお、若いころはフサフサの人でも、加齢とともに毛は細くなるようです。
特に女性は更年期を境に毛が薄くなる人が多いので、あまり神経質にならないようにしましょう。

リスクや手間を考えると、どうしてもツルツルにしたい人には、医療レーザー脱毛がいいかもしれません。
レーザー脱毛とは、黒い色に反応するレーザーを使い、毛根にダメージを与える方法です。
施術を数回繰り返せば、毛が薄く、柔らかくなってきます。

しかし、火傷、シミなどのトラブルがないわけではありません。

あるモデルさんが、エステのレーザー脱毛で、ひどいシミを作ったことがあります。
脚を見てびっくり。
レーザーを当てた箇所に、ストライプ状のシミができてしまっていたのです。
施術する人の技術が未熟だったためと考えられますが、このような事故も実際にあります。

レーザー脱毛を受けるなら、値段の安さに惑わされず、医療機関で受けたほうが安心でしょう。
日本医学脱毛協会のホームベージで検索できます。

 

Return Top