脱毛豆知識

男性毛、女性毛、無性毛とは?

美容上、好ましくない部分に生えるムダ毛のほとんどは、「男性毛」と呼ばれる性質を持っています。
男性毛と呼ばれるゆえんは、男性ホルモンの働きが活発になることで、より濃く、太く、長くなるからです。

男性ホルモンは、男という字がつきますが、男女とも分泌されています。
男性ホルモンは、体毛の根である毛乳頭を刺激し、体毛を太く長くする毛母細胞を増殖させ、ムダ毛の発生・成長を促進させます。
一方、女性ホルモンの働きが活発なら、ムダ毛の発生・育成は抑制されます。

したがって、女性でムダ毛が目立つ方は、男性ホルモンが過剰ぎみであることが推測されます。
ダイエットによる栄養不足や、ストレスなどが要因です。

ちなみに、男性毛は、頭髪の前頭部と頭頂部以外、ヒゲ、耳の穴、前腕、手の甲、指、胸、陰毛の上半分からおへそまわり、ビキニライン、脚、足の甲と指、背中、おしりです。

頭髪の前頭部や頭頂部は「女性毛」といいます。
女性ホルモンが優位であれば髪は抜けず、フサフサとボリュームのある髪が育ち、男性ホルモンが影響すると抜け始めます。

一方、ホルモンの影響を受けにく体毛があります。
「無性毛」といい、まゆ毛、まつげ、毛髪の側頭部と後頭部、陰毛、わき毛です。

性質に合わせてケアしましょう。

 

Return Top