脱毛豆知識

陥没毛注意報

無理な脱毛で毛穴の周囲の細胞に傷がついてしまうと、その細胞は修復しようとして成長します。

この時、再生した細胞が毛穴までふさいでしまうことがあります。
このため、出口を失った毛が皮膚の下にもぐりこむように生えてくることがあるのです。
このような現象を
陥没毛と呼びます。
この現象を防ぐためには、脱毛したあとに細胞を癒す効果のあるものを塗って(例:豆乳ローション)傷を治療してあげることが一番です。

Return Top