医療レーザー脱毛

電気針による脱毛からレーザー脱毛へ

医療レーザー脱毛の長所は、短時間で脱毛が可能だという点にあるといえるでしょう。

レーザー脱毛が普及する前は、電気針による脱毛が一般的でしたが、これは毛穴の一本一本に電気針を入れ、毛根を破壊していくため、たいへんな時間が必要でした。

その点、レーザー脱毛は一度に広範囲なレーザー照射が行えるため、脱毛にかかる時間を大幅に短縮できるようになりました。
両わきの施術を受けても、10分かからないほどです。

費用は、医療機関にもよりますが、両わきに最大6回の施術を受けた場合で6~8万円程度が一般的なようです。
一般のレーザー脱毛で、最も起こりやすいトラブルは「やけど」ですが、これも医療用の新しい機械の登場により、かなりおさえられるようになりました。

先ほども少し触れましたが、冷却装置を搭載した新しい機械によって、レーザー照射を受けた場所を冷やしながらの脱毛が可能になったので、やけどのリスクは非常に少なくなりました。

レーザー脱毛は、医療行為の一種です。
単に「安いから」という理由で選ぶのではなく、やけどなどのトラブルがあったときに対処してもらえるような、信頼できる医療機関で受けることをお勧めします。

 

Return Top