抑毛ローション

ネオ豆乳ローションの抑毛効果は?口コミ体験レポート

datsumo-info

ネオ豆乳ローションは豆乳ローションの生みの親である高濱教授が自ら商品開発した抑毛剤です。
テレビや各雑誌で空前の豆乳ローション大ブームを巻き起こしたことは、まだ記憶に新しいのではないでしょうか?

そんな高濱教授が商品化した豆乳ローションなので信頼感はもちろん、ムダ毛ケア&美肌&保湿効果も抜群。
このネオ豆乳ローションを体験者の口コミも交えて紹介したいと思います。

抑毛効果はどうでしたか?

N.Tさんの口コミ

最初に、ひとことで感想をいいますと、「大感激」です。
ムダ毛の抑制に有効なのはもちろん、美肌効果もたいへんすぐれているからです。

私の勧めで、私の娘と、友人2名も使用していますが、彼女たちも絶賛しています。
ムダ毛が目立つ人を見かけると、「ネオ豆乳ローションを塗ってごらんなさい」と、おせっかいをしたくなるほど、私はネオ豆乳ローションにはまっているわけです。

neo

では、効果を報告しましょう。
ムダ毛抑制のために塗った部位は、前腕、すね、わきです。

前腕

以前は1ヵ月に1回のサイクルで、カミソリで処理していました。

ネオ豆乳ローションを塗り始めてからは、毛がなかなか伸びてきません。
成長速度が極端に遅くなっています。
ネオ豆乳ローションを塗り始め、現在、約2ヵ月半ほどたちましたが、処理する必要がありません。
そり口から、極細になった毛が1mmほど顔を出している程度です。

もともとそれほど目立つわけではありませんでしたが、処理をなまけると風になびくほど伸びていた腕のムダ毛が、ネオ豆乳ローションのおかげでなくなったわけです。

すね

毛の総数は少ないほうだと思いますが、それでも前は毎日そっていました。
2~3日放置すると、しっかりとした太い毛がピンピンと伸びてくるからです。

それが、ネオ豆乳ローション使用後は、すねの毛が生えない面積がふえて、細くまばらに生えているだけ。
伸びた毛も、毛抜きでちょっと引っ張るだけで、すねの毛なのに痛まず、スムーズにスッと抜けます。
ケアがしやすくなって大助かりです。

普通、そったあとの毛の伸び始めは、肌と肌が触れ合ったりするとチクチク不快に感じますが、ネオ豆乳ローションを塗っていると、伸び始めた毛でも全然チクチクしません。
毛自体が、細く柔らかくなっているからでしょうか。

わき

わきに関しては、とても神経をつかって処理してきました。
1本でも皮膚から顔を出すと、抜かずにいられません。
毎日、毛抜きで絶やしていたのです。

ネオ豆乳ローションを、マッサージするようにわきに塗り込んでいますが、伸びてこない箇所があるようです。
毎日、毛抜きでチェックしているのですが、抜く本数が明らかにへっています。

それから、以前は、毛を抜いたあとはその毛穴の周囲がふくらんで、ブツブツになり、見苦しくなっていましたが、そのブツブツまでなくなったのです。
手触りはスベスベになり、毛穴の黒ずみも消えています。

ノースリーブを着たとき、万歳するように思いっきり腕を上に伸ばしても、人目が気にならなくなってきました。
これなら今年の夏には、「ほらほら、ツルツルのわきを見て!」といってしまいたいほど、わきの下がきれいになるものと、期待しています。

顔にもネオ豆乳ローションを塗ったのですが、美白効果が得られたように思います。
毎年夏になると、顔に日焼け止めを塗って、黒くなるのを防いでいたのですが、昨年の夏は日焼け止めを使わずに済んだのです。

化粧下地として、化粧水を塗り、ある程度乾いてから、ネオ豆乳ローションを塗るという使い方をしているのですが、外出しても日に焼けず、白い肌を維持できています。

それから、ひざ、くるぶし、お尻の下の部位がザラザラして、中でもひざは黒ずんでいましたので、たっぷりとネオ豆乳ローションを塗り込みました。

すると、試したどの部位も使用3日~2週間くらいで、ザラザラした角質が取れて、黒ずみもなくなり、ツルツル、スベスベした白い肌になりました。

以上、個人差はあるかと思いますが効果は期待できると思います。

Return Top