抑毛ローション

豆乳ローションがもたらす美白・体臭解消(ワキガ)バストアップ効果

datsumo-info

E.Mさんの体験レポート 

昨年の夏、友人に豆乳ローションを教えてもらい、すぐに試して作ってみました。
しかし、1ヵ月使用してもムダ毛に変化なし。
「なぁんだ。効かないじゃない」とがっかりしました。

ところがその後、世間では「豆乳ローションはすごい!」とインターネットや雑誌で大評判になったのです。
二日で効いた人もいれば、2ヵ月して効き始めた人も。
「1~2ヵ月で約9割の人が効果を実感」とありました。
それで今年2月、再チャレンジしてみたのです。

使用部位は、ワキ、前腕、ひざ下で、もともとそんなに濃くはないのですが、ふだんからカミソリ処理をしているので、伸びだすと先端が黒々と太く、全体に濃く見えてしまいます。

一日2回、朝晩に塗り続けたところ、使用1ヵ月過ぎから、成長が鈍っていくのがわかりました。
カミソリ処理する間隔がしだいに伸びていったからです。

今では、前腕、ひざ下は1週間に1回剃っていたのが1ヵ月もちます。
ワキは2~3日に1回処理していたのが2~3週間もつのです。
生えてくるムダ毛は細く薄く、生えてこない部分がかなりふえてきたのです。
肌のコンディションもよく、手触りはどこもツルツルです。

豆乳ローションを試す前、市販のムダ毛抑制ローションを使ったことがあります。
最初は1000円のもので、変化なし。
「安物だからかな」と、奮発して1万円のものを購入。
ところが、こちらも効果なしでした。
どちらも豆乳ローション同様、イソフラボン配合でしたが、いったいなにが違うのでしょうか。

5月末、「鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローション」を知りました。
こちらの方が評判がよかったので切り替えて使うことにしました。

すると、ムダ毛抑制効果がさらに強力になったように感じました。
おまけに、美白、体臭解消、バストアップ、乳首の美化に効果が続々と現れたのです。

私は日に当たるとすぐ褐色になるので、夏場は日焼け止めクリームが欠かせませんでした。
それが、顔にパイナップル豆乳ローションを使いだしてから日焼けせず、それどころか、元の肌色より白く、くすみのない明るい顔色になっています。
妹(20歳)も、地黒たった肌が元の色より白くなっているので、とても効果があると思います。

また、夏場はワキガが深刻で、いつも市販の制汗スプレーが欠かせず、外出時にはバッグにしのばせていました。
パイナップル豆乳ローションをワキに塗るようにしたら、汗腺からの分泌物がへったのか、臭いが抑えられています。
以前は市販のスプレーを一日3回は吹きつけていたのですが、今はスプレーを携帯する必要がありません。

バストにも自信が出てきました。
以前は、Aカップのブラジャーにすきまがあったのですが、今はAカップではパンパン。
Bカップでもいいような状態です。
テレビで紹介していた乳房のマッサージを参考に、両手のひらを乳房の下から上に向けて交互に滑らせながら、パイナップル豆乳ローションを塗っています。

顔・ワキ・乳首は、コットンパフにパイナップル豆乳ローションを染み込ませ、軽くバッティングしながら塗っています。
使い終わったコットンパフは、ブラジャーをした乳房の乳首に当て、そのまま放置していました。
すると、茶色だった乳頭・乳輪の色素がだんだんと薄れ、赤みがかったピンク色になったのです。
これは使用1ヵ月半で効き、いちばん満足している結果です。

使用した豆乳ローションはコチラ

Return Top