抑毛ローション

鈴木ハーブ研究所パイナップル豆乳ローションの抑毛効果は?口コミ体験レポート

datsumo-info

鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションは抑毛剤の中でも特に人気が高く@cosme(アットコスメ)でも高評価です。

サラッとしたテクスチャーでみずみずしく、肌に素早くなじむのが特徴。
刺激や嫌な臭いもなく、肌のキメも整いある程度保湿効果もあります。
また抑毛効果がなかった場合、全額返金保証キャンペーンも実施しています。

そんな鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローション体験者の口コミも交えて紹介したいと思います。

抑毛効果はどうでしたか?

K.Mさんの感想

私は生まれつき毛深く、大人になってからは、なおさら目立つようになりました。
腕と脚はフサフサと風になびくほど。

毛の質も、太く硬い、いわゆる剛毛でした。
友人にさわられて、からかわれることもよくありました。
そういう悩み多き女性が行き着くところは、エステティックサロンやクリニックでの脱毛です。

4年前、「ツルピカの腕と脚にするぞ!」と一大決心して、レーザー脱毛のエステへ通院したのです。
施術した部位は、腕(前腕)と脚(ひざから下)です。

1回レーザー照射を行うと、1~2ヵ月肌を休ませます。
それをくり返し、計4回のレーザー照射を行いました。
終了まで半年かかり、費用は30万円でした。
腕と脚の、広い範囲ですから、これくらいの出費は覚悟していました。

ところが、です。
照射してしばらくは生えてこなかったのですが、やがて次々と毛穴から新しい毛が生えてきたのです。

どうやら「レーザー脱毛イコール永久脱毛」ではなかったようです。
確かに、「人によって再生する場合もあります」と説明を受けていたのですが、落胆しました。

あれから4年たった昨年の初夏には、腕も脚も毛が生えそろっていました。
憤りを通り越して、もう、しかたがないとあきらめるしかありません。
ただ、毛質が以前よりやや細くなっているのは救いでした。

そんな折、ネットで鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションを知ったのです。
レーザーで懲りていた私は、「ほんとかよ!」と思いました。
だけど、あまり信用していなかったのですが、試してみたいという意欲はありました。
それで、期待10%くらいの気持ちで、買って試してみたわけです。

pine

まず、手の甲で試しました。いったんカミソリでムダ毛を処理してから塗りました。
一日に朝晩の2回、化粧水を塗るように、ピタピタとつけては伸ばす要領です。
毎日、つぶさに観察していましたが、なんと、1週間たっても、そったままの状態を維持しているのです。

驚いた私は、腕、脚、おなか周り、わきと、ムダ毛が気になる部位すべてに塗ってみたのです。
どの部位も1~2週間たっても、なかなか毛が生えてきません。

あれほど悩んでいた腕と脚の毛は、1~2週間以降には生えてくる部分もありますが、全部、産毛のように柔らかい細い毛に変化しているのです。

太い毛より細い毛のほうが効きやすいとのことですが、私の場合、毛の質に関係なく、太い毛にも効いています。

いちばん効いた部位が、わきの下です。
毎日欠かさず塗り続けていれば、1~2週間は処理しなくても平気なのです。
以前は、2~3日の周期でカミソリと毛抜きでケアしていたところなのに!

処理する頻度がへったからなのか、パイナップル豆乳ローションの美肌効果なのかわかりませんが、わきの毛穴のふくらみや、脱毛後の黒ずみまで消え、まさにツルピカのわきになっていました。

したがって、昨年の夏は、ノースリーブのブラウスやニットの出番が多く、通勤電車でつり革につかまっても、人目が気になりませんでした。
反対に、「どう、この滑らかなわき!」と、誇らしげに見せびらかしたい気持ちだったのです。

というわけで、昨年の夏から秋までの3ヵ月間、鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションには、たいへんお世話になりました。
また、肌を露出する季節になったら使います。

30万円のレーザー脱毛より、安価なパイナップル豆乳ローションのほうが効果があるなんて、ほんとうに不思議ですね。
「あのレーザー脱毛はなんだったんだ!」という気持ちです。

Return Top