豆乳ローション

豆乳ローション入門ガイド

エステの脱毛よりも効果的な豆乳ローション

読了までの目安時間:約 4分

 


U.Tさん(20代 OL) 体験談その1


私は若いころから毛深く、特にすね毛が濃いのが悩みとなっていました。
うっかり処理をしないままスカートをはくと、ストッキングからすね毛がボウボウと飛び出してしまう有様です。
かといって、毎日処理をするのもとても面倒です。

そこで、10年ほど前、思い切ってエステで脱毛をしてもらいました。
両足のすね毛と両わきの毛の脱毛で、合計100万円は払ったと思います。

その当時、エステでの脱毛は、毛穴の一つひとつに電気を通して焼き切る電気針脱毛でした。
この電気針脱毛が、とにかく痛いのです。
そして、痛いわりには、それほど効果を得ることができませんでした。

この脱毛効果に疑問を感じた私は、次第にエステに通わなくなり、結局、半年ほどでやめてしまいました。
100万円という大金をかけたのに、ムダ毛をへらすことはほとんどできなかったのです。

それからは、ムダ毛の処理はカミソリで行っていました。
しかし、このカミソリ処理にも問題があります。
私の場合、そったあとがひどくチクチクしてくるのです。

特にわき毛は、そるとチクチクと痛くなったり、ムズムズとかゆくなったりします。
ひどいときには赤くなり、肌がかぶれたりもします。
足も腕も同様で、そるたびにこの不快感を我慢していました。

脱毛によるトラブルは、これだけではありません。
カミソリでそり続けていると、毛穴が詰まってしまい、毛がうまく生えなくなってきたのです。
皮膚の下に毛が潜り込むようにして生える「陥没毛」もできてしまいました。

陥没毛ができると、つい爪でひっかいてしまい、皮膚に傷をつけてしまいます。
ひっかき傷は汚いし、毛穴も黒く色素沈着して、とても目立ちます。

そんなことですから、最近の私はパンツルックや長袖で毛深いのを隠し、ムダ毛処理を行うのをほとんどやめてしまいました。
何か特別なことがない限り、足もわきも生え放題にしておくようになりました。

そんなとき、「ムダ毛撃退法」の特集をテレビで見たのです。
そのテレビ番組で、私は「豆乳ローション」を知ったのです。

豆乳ローションは、毛を生えにくくさせ、生えても細くなって抜け落ちやすくするというのです。
こうした作用を知り、まったく新しい脱毛法だと、私は思いました。
カミソリや毛抜きのように肌を傷つけることがないどころか、肌に潤いを与えて美白効果まであるというのです。

私の場合、最初におふろでひざ下、ひじ下、わきの下をカミソリでそり、あとは豆乳ローションを塗りました。
豆乳ローションを塗ってみるとしっとりして気持ちよく、化粧水としても優秀だと思いました。

豆乳ローションは、朝晩の2回の使用が理想のようです。
しかし、朝は忙しくて、ついつい塗り忘れることもありました。
それでも、1週間も続けていると、大きな変化が起こってきたのです。⇒その2へ


20091118_922949 @cosme(アットコスメ)でも高評価!話題のおすすめ豆乳ローション

ドラッグストアやディスカウントショップで売られているものの中には効果が得られないものが多数あります。ご自身で手作りされるか高品質の豆乳ローションを使うことをオススメします。

 

U.Tさんのレビュー   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る