ホーム

「永久脱毛」はほんとうに可能?

読了までの目安時間:約 3分


永久脱毛は、レーザー脱毛の歴史が2年と浅く確実なことはまだ判明していないのが現状です。

人間には、元の状態に戻ろうとする、自然治癒力という機能が備わっています。
頭髪の実験で、毛乳頭にダメージを与えても、2~3年後には元通りの毛が生えてきました。
レーザーで毛根を破壊して1~2年の間、毛が再生しない、あるいはウブ毛の状態であったとしても、何年か後に太い毛が生えてくる可能性がない、とは言いきれません。
逆に、すべての毛が元通りになる、というのも考えにくいでしょう。

理論だけで言えば、レーザーを照射した毛根が完全に破壊され、毛が再生しなければ、永久脱毛と呼ぶことができるでしょう。
ただし、1回照射した毛のすべてが再生しない、ということはありえません。
なぜなら、そのときの毛の状態と出力などの問題があるからです。
そのため、毛周期などを考えて、何度か照射を繰り返す必要が生じます。
皮膚の内側で起きているレーザーの熱の伝わり方は目に見えませんので、完全にすべての毛根が破壊されました、と断言はできないのです。

アメリカのAEA(米国電気脱毛協会)では、「最終脱毛をしてから1ヵ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛と認める」としています。
日本では、まだこのような永久脱毛の定義が確立されていません。

しかし、それでもほとんどの方が満足されています。
それは、どのような状態で満足するか、という個人の考え方にも左右されます。
実際に、最初は1本の毛もなくツルツルの肌にしたいと言っていた人でも、3回の照射でほぼ毛がなくなり、ウブ毛の状態で満足する人もいます。
例えば、ワキなら1本も生えない状態が望ましいし、ウデや脚なら太い毛がなくなりウブ毛程度ならOKとなる人が多いのです。
それは、実際に自分の目で見てはじめて納得できるものなので、医師と相談しながら自分か満足できるところまでレーザー照射をするのかよいでしょう。

 

いよいよ、VIO脱毛開始

読了までの目安時間:約 2分


VIO脱毛を受けようと決めたら、まず、電話で日時を予約。
いよいよ当日になったら、次のことに注意しましょう。

一般的に脱毛後は直射日光を避ける必要があるので、ウデやヒザ下を脱毛する場合は長ソデ、長ズボン、ロングスカートなどを。
顔ならば、帽子を用意して出掛けましょう。
VIOだけなら問題ありません。

一般的な当日の流れは、ムダ毛を剃る↓
メラニンの量をチェック↓
レーザーを照射↓
皮膚の状態を見る↓
念のために消炎剤を塗る↓
次回の予約をする↓
帰宅。

部位によって異なりますが、クリニックにいる時間は、だいたい1時間~1時間半ぐらいです。

アフターケア


レーザー照射後には、いくつか注意すべきことがあります。
肌のトラブルを起こさないようにするためにも、医師の指示を守り、以下の2点に気をつけて下さい。

レーザーを照射してから、1週間ぐらいは直射日光を避けるようにしましょう。
外出するときは、紫外線防止効果のあるクリームを塗ったり、肌の露出をできるだけおさえたファッションで出掛けるように心がけて下さい。

当日のみ入浴は避けて、シャワーで汗を流す程度に。
タオルで体をゴシゴシと洗うのも皮膚への刺激となるので、当日はやめておいたほうがよいでしょう。
2日目以降は、普通に入浴して大丈夫です。

 

ここが知りたいVIO脱毛!スキンチェックとテスト照射

読了までの目安時間:約 3分


スキンチェック


カウンセリングと同時に行うスキンチェック(皮膚診断)では、肌の色や状態、毛質、毛量を診断します。
この診断は、医師と患者それぞれに重要な情報を与えてくれます。

まず肌のメラニンの量を調べることで、その人に合ったレーザーの出力レベルを知ることができます。
さらに、出力レベルと毛質、毛量を総合的に判断して、おおよその料金と回数を患者さんに伝えることができます。

わたしたち患者の立場からは、ムダ毛をなくすのと同じくらい気になる料金と回数を知ることで、施術を受けるかどうかの大切な判断材料がひとつ増えたわけです。
無理なく通える回数か、無理なく支払える料金かを充分に検討しましょう。

テスト照射


脱毛したい部位の目立だないところで、テスト照射をします。
これが、最後の判断材料でもあり、不安な気持ちを解消する最終的なステップです。

レーザー脱毛を初めて経験する人にとって、痛みと照射後の肌の状態は気になることのひとつでしょう。
カウンセリングで説明を聞いても、まだ不安な気持ちが残っているのは事実。
それならば、百聞は一見に如かず。
自分で体験するのがいちばんです。

希望者には、テスト照射後に脱毛を開始しますが、通常はテスト照射をして1回目のクリニック訪問は終了です。
カウンセリングで聞いたこと、料金、回数、そして実際に体験した痛みとその後の肌の状態。
これらをトータル的に考えれば、レーザー脱毛をするかしないか、答えはきっとでるはずです。

たった1回クリニックに足を運ぶだけで、こんなにたくさんのことがわかります。
まずは、優希を出して足を運んでみてください。

 

VIO脱毛をもっと知りたい、カウンセリング~アフターケアまで

読了までの目安時間:約 3分


まず、ネットで予約


VIO脱毛にちょっとでも興味があるなら、カウンセリングだけでも受けてみることを強くおすすめします。
その理由は、読んでいくうちにきっとわかるはずです。

まず、カウンセリングの日時を電話で予約しましょう。
カウンセリング当日は、医師による説明とスキンチェック、テスト照射などを行います。

当日に用意していくものはありません。
ただし、ひとつだけ注意事項があります。

この後に詳しく説明しますが、スキンチェックではできるだけ正確な毛量を知る必要があります。
そのため、カウンセリングを受ける1ヵ月ぐらい前から、毛抜きによる自己処理をストップして下さい。
また、エステティックサロンなどで脱毛を受けていた人は、1ヵ月ぐらい期間をおいてからカウンセリングに行きましょう。

その間、自己処理がまったくできないかというと、そうではありません。
カミソリでムダ毛を剃るのはOKです。
しかしこれも、2、3日前にはストップ。多少、毛が伸びた状態でないと、その人の毛質や毛量が把握しづらいので、2、3日だけガマンして下さい。

カウンセリング


VIO脱毛に関する疑問や不安を拭い去るのがカウンセリングのいちばんの目的です。
自分が納得できるまで、医師の説明を求めるのは当然の権利と心得て、どんどん質問をしましょう。
このとき、きちんと質問に答えてくれないなど、医師に対する不信感を抱いてしまったら、迷わず別のクリニックへ行くことをおすすめします。
これから何回か通うことになるわけです。
医師や看護婦を信頼できない状態では、途中で脱毛に通うのがイヤになってしまうかもしれません。

VIO脱毛に興味がある、ムダ毛に関する悩みを抱えている、脱毛をする理由は人それぞれですが、自分の気持ちをしっかり受けとめてくれるクリニックに通いたいものです。

カウンセリングを受けるのが第1の目的とすれば、自分の目でクリニックを採点するのが第2の目的。
それぐらいの気持ちで出掛けましょう。

 

VIO脱毛を受けに行こう!

読了までの目安時間:約 2分


VIO脱毛シュミレーション


VIO脱毛を受ける当日までの流れを簡単に紹介していきましょう。
細かい説明や注意事項は、後で詳しく述べるとして、ここではおおまかな流れを把握してもらえればOKです。

治療当日までに、自分がどんなことをする必要があるのかを知りましょう。

①まず、啻で予約……カウンセリングは予約制なので、まずは電話で日時を決定。
②カウンセリング……じっくりと説明を聞いた後は、スキンチェック(皮膚診断)。
③レーザーを照射……カウンセリング当日、または、後日にレーザー脱毛。
④レーザー照射後……医師が皮膚の状態をチェック。
⑤帰宅後の注意点……直射日光を避けて帰宅。当日のサウナや入浴はNG。

VIO脱毛以外の部位について


レーザー脱毛に適している部位


顔  レーザー脱毛に適する部位うなじや髪の生えぎわなどの黒い毛には効果があるが、ウブ毛を完全になくすのはむずかしい。しかし、顔全体に照射すると美白効果が期待できる。
背中 広範囲なのでレーザーが最適
ワキ レーザーを数回照射したあと絶縁針で脱毛すば、確実にツルツルワキになれる。
腕  レーザー照射後に、残ったウブ毛が気になるようなら絶縁針脱毛を。
脚  範囲が広いので、ますレーザーで毛量を減らしたあとに、絶縁針脱毛をすると、早く、確実に安く脱毛できる。

 

カテゴリー
アーカイブ
メタ情報